四十九日の法要を行う際に事前に考えておくべきことをチェック

HOME>アーカイブ>相談できる窓口を知っておくと心強くなります
葬儀会場

手順を知っておこう

故人の法要を執り行う際には様々な区切りがあります。仏教の世界では四十九日法要を持って、あの世に到着をすると考えられています。ですから逝去をしてから四十九日のあたりで法要を執り行うことになります。この法要を持って、香典もご仏前からご霊前に代わります。執り行う際には参列をしてほしい人に事前に通知を出して、出欠席を確認しておきましょう。法要の後の会食の席を設ける際に人数が確定をしていなければ、予約を取ることができません。またどこで法要を執り行うのか、ということも考えておくべきでしょう。寺院で執り行うことも可能ですし、ホールも利用をすることができます。また自宅で執り行うということもあるでしょう。会場を決めて、予約を行い、供物など準備をしなければいけないリストを作成しておくと便利です。リストに関しては葬儀会社に問い合わせをするとよいでしょう。

供物を用意しよう

四十九日の法要の際には供物が必要になります。寺院で執り行う際にはフルーツの盛り合わせなどの供物と、飾るための仏花も用意しなければいけません。四十九日の際に納骨を行うのであれば、お墓用の仏花も用意しましょう。地域によっては告別式の後に納骨を行うというところもあります。すでに遺骨が埋葬されているので、法要の際に墓参りをするということになります。そのためにも墓用の仏花を用意する必要があります。もちろん、線香など一般的な墓参りに必要なるものも用意をしておくほうが好ましいので、準備をするべきです。何か不足をしているものがあるかもしれないと不安を感じたのであれば寺院や葬儀会社に確認をしてみるとよいです。当日、足りないものがあったということになると困ってしまうので、聞いてみるということも必要です。

広告募集中