四十九日の法要で気をつけたいことや初めての人が知っておくこと

スケジュール管理や数え方

鈴

誰しも一度は法事などの親族が集まる行事に参加をしたことがあるとおもいますが、子供のころとは違い大人になるとある程度知識が必要となります。法事の中でも大事なのは、お経をあげてもらうお坊さんの法要となり、まわりの家族や親族が焼香をして供養することで法事として成り立っていきます。また法要が終わった後には会食をして、故人を偲ぶ時間もありますので、そこまでの一連の流れをもって法事です。葬儀が終わった後に次に控えている法事としてあるのが四十九日法要の行事になりますので、親族が集まって行う最後の法要になっています。親族などが多い場合には早めにスケジュール管理をしておかなくてはいけないのが、もちろん自分たちの都合もありますがお坊さんがいなくては成立しないからです。また四十九日の数え方には法要によって違いがありますので、お世話になっているお寺さんと確認をしながらスケジュール管理をすることが重要かもしれません。

場所や服装

お骨

四十九日法要を行うには大きく分けて、先祖代々引き継がれているお寺でやるパターンと自宅の仏間で行うパターンがあります。どちらで行ってもいいのですが、お寺でやるメリットとしては広さが十分にありますので、大人数になっても問題がありませんし、準備をする手間がかからないというのもあります。そして自宅の仏間でやるメリットは、気軽に少ない人数でも集まってできますし、費用も少なくて終えることができるので安心感があります。また近年はホテルやセレモニーホールなどを利用する人も増えてきているのも、準備から手配まで滞りなくスムーズにできることも人気の秘密です。自家用車で移動する人のため、駐車場や交通手段なども手配できるという強みがあるので、お寺や自宅以外でも四十九日などの法要をやることも増えています。四十九日の場合に服装に気をつけたいのは基本的に喪服を着用することになりますが、中には質素な服装で参加してもいいケースがありますが、準備期間があるので一着は喪服を用意しておくことです。また若い人や初心者では喪服を用意できないこともありますので、必ず喪主に確認をして失礼のないようにすることで解決できます。男性と女性の服装で気をつけたいのは、男性は白いシャツと黒いネクタイを用意しておくことや女性は派手なアクセサリーは控えて、スカートなどは丈の長さが短くないように配慮することです。

広告募集中